近視の悩み!視力回復のための生活習慣改善策は?

近視の悩み!視力回復のための生活習慣改善策は?

日本人の約6割が近視傾向にあるといわれていますが、実際近視という言葉を聞いてどのように理解しているでしょうか?

目が良い人からしたら、近視は近いものが見えないのかなと一瞬思ってしまう方もいるようですが近視でも遠視でもどちらも遠くが見えにくくなるものです。

それぞれの仕組みは違えど、目が見えにくくなるのは同じなので悩まされている人からするととてもつらいものです。

―近視とは―

近視の一番の悩みは、何と言っても目が裸眼で見えない、もしくは見えにくいことです。
しかし、これだけではなく近視が強くなりすぎることで様々な合併症を引き起こす可能性も指摘されています。
こちらは、近視になる詳しいメカニズムを知れば危険性がわかりますが、難しい話になるので気になる方は調べてみてください。
今回注目したいのは、近視の予防、改善が期待できる生活習慣についてです。
そもそも、近視になる原因は遺伝が強いといわれていました。
ところが近年になって、電子機器の発達や様々なゲームなど目に悪影響を及ぼすものが多く登場しており、そのため幼少期から視力の低下が進んでいる傾向にあります。
眼鏡をかけている人=頭いい=勉強にしすぎ
この考えは字を読むこと以外に視力を低下させる原因が少ない時代に出てきたものですが、最近だと眼鏡をかけている=暗いイメージ=一人でゲームばかりしている人。
というようなイメージも持たれ始めています。

―近視を予防・改善する生活習慣―

視力が落ちてしまった場合、実際には手術なしに視力回復を見込めることはありません。
しかし、逆に考えれば手術をすれば視力を回復できる時代になったのですからすごいです。
それでも手術が怖いためできないという方は多いはずです。
根本的に視力を回復することはできませんが、目にある水晶体を調整する筋肉を鍛えることでピントの調節機能を上げ見えやすくする方法は効果的です。
生活習慣でまず気を付けるのは、電子機器の画面を見る時間を減らすことです。
現在の半分に抑えるだけであなたの視力の寿命が二倍になると考えたらどうでしょうか?
現状より悪化させないことは何よりも優先すべきです。
次に、目を閉じる習慣をつけましょう。
目を閉じている間に目はリラックスしている状態にあります。
厳密に言うと目を開けている間に休んでいる筋肉もあるのですが、目を開けている時間の方が長いため意識して閉じれば、バランスが保てます。

―まとめ―

視力の低下を防ぐために重要な生活習慣として、一番気にするべきなのは目を休めることです。

そして、電子機器と向き合う時間を圧倒的に減らせるようにしましょう。

視力は一度低下してしまうと、根本的に回復することは見込めません。

今見えていることをありがたく思い、大切にしていくようにしていきましょう。

◆目の調子を整えたいときは、やわたの「めばえ」を飲んでみてください。

近視でも老眼でも、スマホやパソコンからの目の疲れでも、目の調子を整えるルテインを「めばえ」で補給するといいからです。

めばえは効かないって本当?効果を出すコツは?

u