スマホで視力低下!視力アップのコツ

スマホで視力低下!視力アップのコツ

近年スマートフォンの急速な普及の影響で、視力の低下が問題視されています。

スマートフォンのような電子機器は目に大きな負担をかけ、目の老化を早めるとも言われています。

そもそも、液晶画面を見ている間目に向かって懐中電灯で照らされている状態と似たような状態と考えれば目に良くないのは分かるかと思います。

目に影響の出ないディスプレイの開発も進んでいますが、現時点でスマートフォンが目に悪影響を及ぼしているのは事実です。

こういった電子機器の使い過ぎで低下した視力は回復するのでしょうか。

今回は、電子機器と視力についてご紹介していきます。

—視力は戻らない—

視力は実質的には一度低下したら治りません。
手術を行えば、視力回復を期待できますが老眼を早期に発症したりと様々なリスクが伴うことで不安な方も多いはずです。
本当にお勧めしたいのは、視力の低下を予防することですがこの記事をご覧のあなたはすでに視力が低下気味かと思います。
実質的には視力回復は見込めませんが、仮性の視力低下は回復できます。
実際に落ちている視力より、目の疲れなどによってさらに目が見えにくくなっている状態を改善することで今より少しだけ目が見えやすくなる可能性が十分あります。

—疲れ目は大敵—

目を疲れた状態のままにしていると、疲労がさらなる視力の低下を招いてしまうだけでなく、目の疲れは肩こりやその他様々な体の不調につながってしまうこともわかってきています。

目の疲れを取るために有名なのが、蒸しタオルを目の上に乗せることです。

濡らしたタオルを電子レンジで温めて、さわれる程度の温度になったら目の上にゆっくり乗せましょう。

血行が促進されかなり疲れを取ることができます。

さらに、疲れ目に関しては有名なアントシアニンが効果的です。

目を明るい場所で使っている間、アントシアニンはどんどん使われていき徐々に減っていきます。

自然に回復するよりも消費が早いため、目の疲れとして視力が一時的に低下します。

そこで、アントシアニンを外部から補給することで目を見えやすくする効果が期待できるのです。

—まとめ—

視力は根本的には回復できない。

しかし、疲れを取ることである程度は見えやすくなる可能性はあります。

疲れ目にさせないコツは、とにかく目を使いすぎないことです。

とくに電子機器を一日中見ているような方は、適度に休憩をはさんだり目の調子を整えるサプリメントも効果的ですよ。

◆目の調子を整えるサプリメントで人気なのは、やわたの「めばえ」です。

近視でも老眼でも、スマホやパソコンからの目の疲れでも、目の調子を整えるルテインを「めばえ」で補給するといいからです。

めばえは効かないって本当?効果を出すコツは?

u